アランズナチュラルドッグフード

ナチュラルドッグフード口コミ研究室へようこそ!専門家の意見とは

動物保護の先進国であるイギリス製の無添加ドッグフード
アランズナチュラルドッグフード
に関する口コミを研究する専門機関です。

それが
【アランズナチュラルドッグフード口コミ研究室】

アランズナチュラルドッグフードの口コミを調べ、そして研究して行きます。


口コミ1「天然素材にまいりました」

素材が天然と分かっていましたが、1つ残らず天然素材と分かって、ヒックりしました。こんなフォッグフードにめくりあえた私と愛犬「ジョン」は幸せでなりません。

 

 


 

ナチュラルドッグフード

アランズナチュラルドッグフードの基本情報

アランズナチュラルドッグフードのデータ
商品名:アランズナチュラルドッグフード ラム
価格(税抜き):¥3,960
内容量 :2.0kg
1日のコスト(犬の体重3kgの場合) :116円
原産国 :イギリス
主原材料 :ラム肉(生)
アレルギー物質:無し
おすすめの評価:5つ星★★★★★

アランズナチュラルドッグフードは理想的

原材料はたった8つの厳選された素材だけのドッグフードです。

素材の安全性さることながら、一切の添加物が無いため、ビタミン・ミネラル・酸化防止剤も添加しない完全無添加であるドッグフードです。

飼い主さんが、安全性を第一に考えるなら、これ以上ないドッグフードでしょう。

しかも、価格はプレミアムフードとは思えないお求めやすい価格になります。

1kgあたりの価格は比較的高いのですが、栄養価が非常に高いため、1日に掛かるコストが安くなるのです。

一度試してみるべきアランズナチュラルドッグフードなのです。

ナチュラルドッグフードの原材料と成分

原材料から確認して行きたいと思います。

危険性な原材料や素材や成分は赤文字で強調します。
詳しい原材料や成分の危険性が分からなくても、赤文字が多ければ「これは危険で避けるべきだ!」と思ってください。

原材料

生ラム肉(イギリス産)55%以上、玄米18%以上、ベジタブル・ハーブミックス、全粒大麦、全粒オーツ麦、亜麻仁、テンサイ、ビール酵母

成分 保有率

粗たんぱく質 ➡20.0%以上
粗脂質 ➡ 12.5%以上
粗繊維 ➡ 6.0%以下
粗灰分 ➡ 7.0%以下
水分 ➡ 8.0%以下
カロリー ➡339kcal
なんと!危険性がある物質1つもないため、赤文字が一つもありません。
チェック漏れではないことをお知らせします。

まさに天然素材だけ!本物の完全無添加

アランズナチュラルドッグフード(ラム)は、たったの8つの原材料だけ。

安全第一の本物の無添加ドッグフードであります。

添加剤は入れない、しかもビタミンやミネラルすらありません。

保存料が無くて問題ないのか?

もちろんそれはOKです。

なんと自然のハーブからフードの酸化を防止しているのです。

必要なものは自然の素材から取り入れる。

あまりの完璧さにもう、言葉も出ません。

添加物による健康被害を考えたらこれ以上のドッグフードは無いと思って間違いなさそうですね。

無添加を重視したら「アランズナチュラルドッグフード」です。

人間が食べる原材料で作る!そんな贅沢が許されたドッグフード

ラム肉素材の品質も贅沢な超一級です。

素材は全て人間が食べる原材料をそのまま使用しています。

なんと!安い部分だけなどの一部だけではありません。

利用する全部の原材料を人間の食べるヒューマングレード素材なのであります。

プレミアムドッグフードといえども、一部がヒューマングレードで無いのが不通です。

but! アランズナチュラルドッグフードは一切の抜かりが無い完全なヒューマングレード。

これ以上の素材を望むことなど、だれも出来ないでしょう。

アランズナチュラルドッグフードは多方面に期待が

アランズナチュラルドッグフードの原材料はアンチアレルギーです。

穀物も一部使用していますが、アレルギーになり難い玄米・大麦・オーツ麦。

安価なドッグフードのように小麦やトウモロコシといったアレルギー物質ではありません。

そのため、食物アレルギーになる可能性は極めて低いのです。


口コミ2:アレルギーが直った

おやつトイプードルのアレルギーに悩んでいました。そこでアランズナチュラルドッグフードを始めてみて、約1カ月でアレルギーが収まってきました。

嬉しくて泣けてしまいました。もう、他のドッグフードには戻れません。

 


口コミを調査しましたら、アレルギーや涙やけが良くなったという口コミを多数確認できています。

もし、もっとアランズナチュラルドッグフードの口コミが知りたい場合はこの「アランズナチュラルドッグフードの口コミサイト」が参考になると思います。

それでは次回の研究報告でお会いしましょう。